出会い系サイト規制法出会い系サイトを利用する場合、覚えておくべき法律というものが存在しています。サクラ被害に遭った場合でも、美人局被害にあった時でも、関連する法律があるということを覚えておけば、いざトラブルに巻き込まれた時でも冷静に対処することが出来るようになります。

もちろん周囲に知られることなく、問題を解決することが出来るようになりますし、悪質サイトに追い込まれたとしても、冷静に対処を出来るようになるでしょう。

出会い系サイト規制法

まず知っておくべきは、出会い系サイト規制法です。面識のない初対面の異性と出会うことが出来るサービスをインターネット上で提供しているのが、出会いアプリです。
主な内容としては、18歳未満の児童とカテゴライズされる異性を性行為目的で誘い出すことは禁止しているというルールがあります。更に連絡先窓口になる事業者の名称を明らかにすること。
責任者の氏名を明確化すること。住所と電話番号等を必ず記載することなどを義務付けています。

つまりこれらの条件を満たしていない出会い系サイトは、悪質業者と判断しても間違いがないということです。健全な運営をしているのであれば、これらのことは守ってしかるべきですし、守っても支障がないのは当然なのですから。

消費者契約法

他にも覚えておきたいのは、消費者契約法です。これは事業者の一定の行為によって消費者が誤認をしてしまい、困惑してしまう場合、契約の申し込みやしてしまった承諾を解消することが出来るといったものです。

サクラ被害。更に無料サイトだと装って有料サイトに同時登録させ、請求を行うと言った行為は、違法であることをこの法律があることで証明してくれます。
そもそもが分かりにくい表現をし、消費者に誤解を与えてしまうことを行った悪質サイト側が悪いと判断されますから、相手の主義主張をそのまま受け入れる必要はないのです。

ただし、だからといって、利用規約などを面倒だから見ないでそのまま了承ボタンを押すような真似をすると、この法律のグレーな部分をつかれ、負けてしまうことにもなってしまいますから、注意をするようにしましょう。

個人情報保護に関する法律

出会い系サイトを筆頭に、住所や電話番号、メールアドレスなんてものを送るのは必須条件です。こういったものを提供したことによって、生じるスパムメールなどが増えた場合には、この個人情報保護に関する法律を使い、事業者に刑事罰を与えることが可能です。

ネット上のこういったサービスを使ってしまっているのだから仕方がないなんて思わず、しっかりと対処をすることで、こういった劣悪業者を壊滅させることが出来るのです。

悪質サイトは許してはならない

会社にバレるのが怖いから。家族にバレると失うものが大きいから。こういった理由で、悪質業者やサイト、犯罪者集団などの言いなりに求められるだけ金銭を支払っている方もいますが、保護される法律があるのだということを覚えておきましょう。